マニュアルでもめんどくさい人(主に自分)のために自動生成ツール作ってみました

「コード進行自動生成ツール「Quchprge」」
http://rinifisu.blog.jp/archives/25866390.html


丸暗記が苦手な僕みたいな人には助かるコード進行を作る手順をまとめたマニュアル作ってみました。
自分用で最適化されてないですw

英音階にする

ド レ ミ ファ ソ ラ シ
C D E F  G A B

CDEFGAB = コード主音

例(ファ = F) 
-------------------------------------------------------------------------------------
コード主音の中からコード進行で主となる音を1つ決める

主となる音 = キー音

例(今回のコード進行のキー音はE{ミ}にしよう) 
-------------------------------------------------------------------------------------
スケールを1つ選ぶ(普通の曲を作るならメジャーがおすすめ)
「メジャー」
「ナチュラルマイナー」
「ハーモニックマイナー」

「メジャー」「ナチュラルマイナー」「ハーモニックマイナー」 = スケール

例(今回のコード進行のスケールは「メジャー」を使おう) 
-------------------------------------------------------------------------------------
選んだスケールが
「メジャー」なら
鍵盤でキー音から右に向かって「0 -> 2 -> 2 -> 1 -> 2 -> 2 -> 2」進んだコード主音をメモする

「ナチュラルマイナー」なら
鍵盤でキー音から右に向かって「0 -> 2 -> 1 -> 2 -> 2 -> 1 -> 2」進んだコード主音をメモする

「ハーモニックマイナー」なら
鍵盤でキー音から右に向かって「0 -> 2 -> 1 -> 2 -> 2 -> 1 -> 3」進んだコード主音をメモする

メモしたコード主音の呼び名を「Ⅰ -> Ⅱ -> Ⅲ -> Ⅳ -> Ⅴ -> Ⅵ -> Ⅶ」とする

「Ⅰ -> Ⅱ -> Ⅲ -> Ⅳ -> Ⅴ -> Ⅵ -> Ⅶ」 = コード番号

例(今回は 「キー音がE」 「メジャースケール」)
例(鍵盤から E
 -> F# -> G# -> A -> B -> C# -> D# をメモ
例(読み方を変えるから 
G# = ) 
-------------------------------------------------------------------------------------
選んだスケールが
「メジャー」なら
コード番号を「Ⅰ -> Ⅱm -> Ⅲm -> Ⅳ -> Ⅴ -> Ⅵm -> Ⅶm-5」にする

「ナチュラルマイナー」「ハーモニックマイナー」なら
コード番号を「Ⅰm -> Ⅱm-5 -> Ⅲ -> Ⅳm -> Ⅴ -> Ⅵ -> Ⅶ」にする

例(今回は「メジャースケール」だから「Ⅰ -> Ⅱm -> Ⅲm -> Ⅳ -> Ⅴ -> Ⅵm -> Ⅶm-5」)
-------------------------------------------------------------------------------------
コードを鳴らす

m無しは 鍵盤でコード主音から右に向かって「0 -> 4 -> 3」を弾く
m有りは 鍵盤でコード主音から右に向かって「0 -> 3 -> 4」を弾く
m-5有りは 鍵盤でコード主音から右に向かって「0 -> 3 -> 3」を弾く 

コード番号をコード主音に戻したもの = コード

例(メモを見ると、「
E -> F# -> G# -> A -> B -> C# -> D# 」) 
例(
Ⅰ -> Ⅱm -> Ⅲm -> Ⅳ -> Ⅴ -> Ⅵm -> Ⅶm-5」を主音に戻すとE -> F#m -> G#m -> A -> B -> C#m -> D#m-5」になる
例(「
G#m」 を弾くとすると「0 -> 3 -> 4」を弾くから、「G#m -> B -> D#」 を同時に引けばG#mコード」ということになる ) 
-------------------------------------------------------------------------------------
以下のカデンツを好きなように好きな順番で並べる
『トニック』→『ドミナント』→
『トニック』→『サブドミナント』→『ドミナント』→
『トニック』→『サブドミナント』→

最後に 
『トニック』を1つ加える
曲のリズムを決めて、綺麗に収まるようにする 

『トニック』『ドミナント』『サブドミナント』 = コードグループ
(『トニック』→『ドミナント』→) = カデンツ

例(
『トニック』→『ドミナント』→『トニック』→『サブドミナント』→『ドミナント』→『トニック』→『サブドミナント』→『トニック』→『ドミナント』→『トニック』ドミナント』→『トニック) 
-------------------------------------------------------------------------------------
以下のルールに従いながら、コードグループにコード番号を割りあてていく(m等は省略)

『トニック』は メインコード「Ⅰ」 代理コード「Ⅵ」 代理コード「Ⅲ」
『ドミナント』は メインコード「Ⅴ」 代理コード「Ⅶ」 代理コード「Ⅲ」
『サブドミナント』は メインコード「Ⅳ」※ 代理コード「Ⅱ」※

「Ⅳ」→「Ⅵ」はできない
「Ⅱ」→「Ⅴ」以外は不可

同じコードグループ内の移動も可能でメインコードから代理コードへは進む時は、1つのコードグループとして扱う
同じコードグループ内でメインコードから代理コードへは進めるが、代理コードからメインコードへは進めない

例(『トニック』→『ドミナント』→『トニック』→『サブドミナント』→『ドミナント』→『トニック』→『サブドミナント』→『トニック』→『ドミナント』→『トニック』ドミナント』→『トニック)  
例(「Ⅰ」「Ⅴ」「Ⅲ」「Ⅱ」「Ⅴ」「Ⅰ」「Ⅳ」「Ⅵ」「Ⅲ」「Ⅰ」「Ⅴ」「Ⅰ」) 

-------------------------------------------------------------------------------------
コード番号をコード主音に戻したらコード進行の完成 

例(「Ⅰ」「Ⅴ」「Ⅲ」「Ⅱ」「Ⅴ」「Ⅰ」「Ⅳ」「Ⅵ」「Ⅲ」「Ⅰ」「Ⅴ」「Ⅰ」)  
例(E -> F#m -> G#m -> A -> B -> C#m -> D#m-5)  

例(コード進行 「
E」BG#mF#mBEAC#mG#mEBE

このコード進行で作ってみたBGM → https://soundcloud.com/rinifisu/backd