Rinifisu日記

ゲームプログラマーとして活動と努力中! イラストと音楽も作れるようになりたい!

2016年6月30日までに、対象商品を購入すると「SampleTank3」が無料で手に入るぞ!!!
http://www.ikmultimedia.com/jp/news/?item_id=8328


つまり、「iRig Keys 25」(7000円前後)を購入するだけで「SampleTank3」ゲット!?
http://www.ikmultimedia.com/products/irigkeys25/




新年早々買おうか迷っていたものがありました。
それが「SampleTank3」です。

「SampleTank3」
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/sampletank3/


4,000以上もの楽器がこのツールに含まれていて、これさえ買えばほとんどのジャンルの曲が作れてしまう万能マルチ音源です。

早速買おu・・・!?

お値段「€279.99」
日本円で「40488円」です。(2015年1月3日15時のレート)


さすがに学生の僕には驚きの値段です。(学生じゃなくても驚きの値段だと思われ)
バイト代が1ヶ月分吹っ飛ぶ・・・ 

と悩んでいたら、驚きの商品が登場しました。

それが「iRig Keys PRO + SampleTank 3 バンドル」 です。

「iRig Keys PRO + SampleTank 3 バンドル」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00QVDTHQS?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o00_s00


「iRig KEYS PRO」と言うiOSにも接続ができる万能MIDIキーボードと「SampleTank3」がセットになったパッケージです。

「iRig KEYS PRO」
http://www.ikmultimedia.com/mobile/products/irigkeyspro/index.php?O=JP


最初は「5万円くらいするんだろうなぁ・・・ハァ・・・」と思いながら、見るだけ見てみると・・・!?

お値段「35500円」

えっ!?ちょっと待って!? 「iRig KEYS PRO」が付いているのに、「SampleTank3」単体より安いだと!?
いや、まてよ?「SampleTank3」は実は劣化版じゃないのか?
と思っていました。

実は「SampleTank3」の少し楽器数や機能を削減した「SampleTank3 SE」というものがあります。

「SampleTank3 SE」
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/sampletank3se/


実はこれではないのかと思い調べたところ、なんと「SampleTank3」フルバージョンということがわかりました。
更に「iRig Keys PRO + SampleTank 3 バンドル」販売開始が2014年12月26日ということもわかりました。
つまり、今見ているのは1週間前に販売開始された正真正銘の破格セール品なのです。

購入を決心しました。
「iRig KEYS PRO」が付いてきてこのお値段は売り切れてからでは必ず後悔すると思い、コンビニへダッシュしました。

家に帰って購入手続きをしようとしたら・・・!?
お値段「33252円」

2000円ほど値段が下がるという奇跡が起きました。
僕の行動を監視しているみたいで怖いです。

そして購入しました!

SampleTank 3 (1)

SampleTank 3 (3)

SampleTank 3 (2)

「SampleTank3」です!
「SampleTank3 SE」ではなく正真正銘のフルバージョンでした。

IK Multimediaさん疑ってすみませんでした!

更に「iRig KEYS PRO」を単体で購入をしたら必ずついてくる「SampleTank2 L」もおまけについてきました。

「SampleTank3」は64bit限定対応なので、対応していない32bitPC「SampleTank3」では高負担のかかるパソコンには「SampleTank2 L」が合うかもしれません。
しかし「SampleTank2 L」の全ての楽器が「SampleTank3」に含まれていて、かつアップデートもしているので、「SampleTank3」だけが目的の人には全く必要が無いですね。

早速「iRig KEYS PRO」をiOS機器(iPhoneとiPad Mini)に接続して、外部MIDIに対応している作曲ツールに繋げて試しました。
繋ぐだけですぐに演奏ができてしまいました。ほえ~

「iRig Keys PRO + SampleTank 3 バンドル」という名前なので、「iRig KEYS PRO」に「SampleTank3」がおまけで付いているという見方ができます。
それでも「SampleTank3」は「SampleTank3」でした。
かなり得した気分になりました。
さて、今ある4000円位で購入したMIDIキーボードをどうしようか・・・

話している間にも、Amazonや代理販売店の在庫数が少しずつ減っていっていることが確認できました。
マルチ音源の購入を検討している方はぜひこの「iRig Keys PRO + SampleTank 3 バンドル」を考えてみてはいかがでしょうか。

早速曲を作ってみようと思います!
ブログ記事を書いている今は30GBほどある膨大な音源をインストールしています! 

「Laser Maze Ver_1.1.3」
http://rinifisu.blog.jp/archives/3914873.html

配布開始しました。
Ver_1.1.2 をお持ちの方はできるだけこちらにアップデートしてください。

致命的な不具合が3つ修正されています。

Ver_1.1.3
ゲームエンジン「Siv3D」を前バージョンに変更
自己解凍書籍の文章を修正 
メインゲーム
  中断データが破損する致命的な不具合を修正
  軌跡が描画されない致命的な不具合を修正
  ゲーム全体のパフォーマンスが低下する致命的な不具合を修正
ステージエディット
  「ステージ削除」を行ったステージがその場で消去されるように変更
  「ステージ設定」の背景の「ファイル選択」で読み込みが失敗する不具合を修正
  「ステージ設定」の背景の「デフォルト選択」で切り換え時の点滅仕様を削除
サウンドルーム
  アーティスト情報の変更
 

あけましておめでとうございます!

今年の目標は

ゲームを4本作る!
3Dゲームを作る!
音楽100曲作る!
音楽に感情をもたせる!
いろんな人と交流して学ぶ!

 
です!

就活で忙しくなりますが、できるかぎりは頑張って能力を上げていこうと思います!

「BackC」
https://soundcloud.com/rinifisu/backc

今年になって1時間30分で作った曲です。
パワーが全くない点と、シーンが全くない点を今年中に無くしたいなと思っています。 

今年は創作活動な1年でした。

Twitterではいろんな人と知り合いました。 

去年の自分に今を言い聞かせても信じてもらえないくらい様々なことがありました。

まだやりたいことや目標があります。

来年には達成できたらなぁ

ということで

来年もよろしくお願いします

創作活動な1年でした。

ゲームは学校に通い出したおかげで、大分正確なプログラミング方法ができるようになりました。
しかし、他人のソースコードを見ると、まだ知らない予約語や関数を大量に見かけたので、まだ基礎中の基礎しかわかっていないかもしれません。

音楽はそれなりにはマシになりましたが、まだコード進行が自作できないので悩んでいます。
エフェクトの使い方やマスタリングも微妙なので、2015年はいろんな分野に特化してみたいです。
この年に色々な作曲ツールや音源を購入して挑戦してきました。
来年も100曲作りたいです。

イラストは模写程度ですが、クオリティはそこそこまで向上しました。

1年間でかなり成長したと思います。
2年目も頑張りますので、応援よろしくお願いします。

TwitterやLINEやSkypeの創作仲間を募集中です。
@Rinifisu で気軽に声をかけていただければ幸いです。

2014年もあと少しですね。

音楽ゲームを作っています。
就職活動で使うと思います。

MusicRing
 
一応のロゴ作ってみました。
左のマークのロゴが音楽ゲームと関係があります。

制作で使用しているゲームライブラリ「Siv3D」の画像クラス「Texture」の描画を簡単に扱える拡張クラスを作っています。

MusicRing (1)

拡張しすぎて変数まみれになりました。

MusicRing (2)

グループ制作の時や、プログラミングが苦手な人でも、この「CObject」クラスを使えば簡単に描画が行えるようになっています。

一応このクラスで行える機能が

画像読み込み
画像共有
画像破棄
状態変更
更新速度変更
座標変更
自動移動
サイズ変更
自動サイズ変更
スケール変更
自動スケール変更
アニメーション
角度変更
自動角度変更
透明度変更
自動透明度変更
カメラ連動
当たり判定
マウス当たり判定


こんな感じです。
普通なら、おおまかな処理を作らなければいけませんが、上の機能は関数一つで実行できるようになっています。

自動**がとても便利です。
例えば、自動移動は「Set_MovePos(100, 100, 60)」で実行でき、今の座標位置からX100,Y100に60フレームの時間をかけて自動で移動する処理が行えます。

このクラスの劣化版で「Lead!」を制作しました。 

このくらいの機能は普通のゲーム制作者からしたら当たり前かもしれませんが、 独学で間違えて覚えてしまった汚いプログラミング方法で無理やりゲームを作っていた昔の自分と比べればとても大きな進歩です。

「Battle1」
https://soundcloud.com/rinifisu/battlea

ひゃー!今は午前2時!
寝ないと危ないですね。

「Sylenth1」
http://www.lennardigital.com/sylenth1/ 

購入しました。
40%OFFの12000円で買えたので、いいクリスマスプレゼントになったと・・・
えっ?購入日がクリスマスじゃない?気にしない気にしない。

購入したのが昨日の23時なので、早速作ってたらこんな時間になってましたw

音作りができることで話題の音源ですが、今回の曲はテンプレートをそのまま使ってみました。 

「Departure」
https://soundcloud.com/rinifisu/departure

クリスマス記念にロング曲作ってみました。
日本語で「旅立ち」です。・・・多分
製作時間は7時間です。ノンストップで作ると疲れますね。
カノン進行のみでサビは全体的にオクターブ高めで作りました。 
シーンの切り替えも頑張ってやってます。 

僕は「冬休み!!!!」に突入しているわけですが、忙しいです。

ゲームを3つ同時に制作しつつ
音楽理論を学びつつ作曲して
21日にある基本情報技能者試験の過去問をしつつ
Twitterで呟きながら
バイトに行ってますw


ストレスがどんどん溜まっていってますw

-------------------------------------------------------------------------------------

~ゲーム~
Lead!」は今放置気味ですが、処理を軽くしています。

Lead! (6)

-------------------------------------------------------------------------------------

新作ゲーム「Fruit Catcher」は、イラストレーターの人と手を組んで作っているゲームです。
まだタイトルとモードセレクトだけなので、形が未完成で描いてもらう内容が明確には決まっていません。

設計図が
りんご落としゲーム図

超雑です。

フルーツキャッチャー
この赤色の部分にキャラクターを入れてください!
みたいな感じでこの雑な素材を渡してしまいました。

今考えるとものすごく失礼なことやってる気がします。

タイトルは
モードセレクト


「Lead!」の数字部分をそのまま使っていますが、中に文字が入ります。

-------------------------------------------------------------------------------------

そして、3つ目のゲームが前から絶対作っておきたいと言っていた音ゲーです。
一応設計図を見せます。
MusicRing

ゲーム名が「MusicRing」です。
ゲームシステムは秘密にしておきます。(図で半分バレてるけど)

目標」の方では
  • イライラする音ゲーは作りたくない
と書いてありますが、溜まりまくると思います・・・w
画面を見たら分かる通り、動きがものすごく理解し難い感じになると思います。

-------------------------------------------------------------------------------------

~音楽~
コード進行が結局わかっているようでわかっていなかったので、勉強しなおしています。
わかりやすい図を作る予定でいます。
1ページ目だけ作ってみました。

コード進行
 
こんなかんじです。

-------------------------------------------------------------------------------------

~基本情報技能者~
諦めました 

基本情報技能者

 正解数:99問/出題数:217問 正解率:45.6%

合格ラインが60点なので、届いていません。
明日が最後のチャンスですが、無理な気がしますww 

「Tekitou2」
https://soundcloud.com/rinifisu/tekitou2

リバーブを全体的にかけたら、過去のトラウマを思い出すBGMが出来ました。

去年の手術の時(今年だけど)に、コブクロの曲が流れていたのですが、麻酔の注射で意識が遠のいていく時に、こんな感じでリバーブがかかっていた気がします。
思いだしたくらいなので、相当やばいですこの曲。 

ゲームを3つ同時に制作しているので、かなり更新遅れてます。 

「Laser Maze」の次に制作した非公開作品のプレイ動画を公開しました。

「Hayaoshi Block」 プレイ動画
http://youtu.be/z1h2uyK3HC8

制作したゲーム2作品目です。
エンドレスモードをプレイします。

上から落ちてくるキーを素早くキーボードで押す事で高得点につなげるゲームです。
一定時間の間が開いたり、ミスをするとゲームが減少し、ゲームオーバーになります。
最初は入力するキーが4つのみですが、レベルが上がるごとにキーの数が増えていき、最終的には8つになります。

某音楽ゲームの高速譜面をプレイしていたら、「もっとスピードが速くても、プレイできそうだな」と自信満々で思っていた時に作りました。

通っている専門学校製のゲームライブラリを使用して作っているので、慣れるのに少し時間が要りました。

Hayashi Block (1)

Hayashi Block (2)

Hayashi Block (3)

Hayashi Block (4)

Hayashi Block (5)

「Lead! テストプレイ動画」
https://www.youtube.com/watch?v=j7bRPRrAl7Q&feature=youtu.be

Youtubeに限定公開しました!

制作中のゲーム「Lead!」のテストプレイです。
ステージ1と2をプレイします。

このゲームは「先読みパズル」
どのように導けばゴールできるかを先に考えて配置するゲームです。

今回は「反射線」「磁石」「ピストン」「加速板」を使用しています。
テストプレイなので、コスト制限(どれだけ配置できるか)が緩くなっています。
実際にはもっと難しいと思います・・・

「Action!」
http://www.mirillis.jp/products/action

このデスクトップキャプチャーツールを購入して、早速録画してみました!
綺麗に映っていますね。
一番嬉しいのが、音ズレがない事ですね。 

「Lead!」 ちょっとだけ動画

動画を撮ってみました。
間違えてAVI形式のままで投稿してしまったので、一部見れないかもしれません。

動画内のゴール時の効果音や、結果発表画面は現在制作中です。


新しい仕掛けが増えました。
Lead! (1)
 
ゴールを行うには、「L」「e」「a」「d」の4つのパネル全てを手に入れなければなりません。
基本は一本道なので、さほど苦労はしないと思います。

Lead! (2)

新しい仕掛けの「ピストン」です。
反射線で反射したものは、角度が中途半端になりがちです。
それをピストンが修正し、なおかつ速度を最高にします。

今は好きな様に配置ができますが、今後のアップデートでコストが「3」必要になる予定です。
デザインはMinecraftを参考にしました。

実際に配置してスタートします。 

Lead! (3)
 
角度や移動速度がリアルタイムで把握できるようになりました。
右下のゴールは文字パネルを集めなければ出現しません。

Lead! (4)
 
どこ方向からでも、「ピストン」に触れさえすれば、この位置に移動します。
角度補正と速度上昇ができるので便利です。

最高速度は399です。

Lead! (5)

2つめに「磁石」が増えました。

N極とS極があり、Nは引き寄せられます。Sはその逆です。

Lead! (10)

 このように配置して開始します。

Lead! (6)
 
黄色の範囲が磁場です。ジバニャン

Lead! (7)

引き寄せられています。
磁石に触れると機能停止するスイッチ式です。

細かい仕様は気にしないでくだ(略

Lead! (8)
 
うまく使いこなせれば、コストが削減でき、スコアが稼げます。

Lead! (9)
 
おまけ

Lead! (11)
 
ピストンだけでゴールできるステージを遊びで作っていました。 

「Saisei」
https://soundcloud.com/rinifisu/saisei

リバーブ意識してみました。
チャンネルごとに個別にEQを入れたかったのですが、KONTAKTPLAYERは1つまとめになっているので、付属のリバーブを使いました。
別の音源で試したいなと思っています。

「Laser Maze」
http://rinifisu.blog.jp/archives/3914873.html

不具合修正と、一部の処理を改善しました。
全体のサイズも少し減りました。

すべての不具合を直すことができればいいのですが、昔の自分が作った意味不明な暗号ソースコードなので、下手にいじると更にひどくなるおそれがあるので、放置している部分もあります。 

前と比べるとかなり見やすく、楽しみやすくなりました。

~前回~
Lead! (11)
 

~今回~
Lead! (1)

機能も少しずつ増えてきて、ゲームらしさが出てきました。
基礎部分はできているので、ステージ作りや細かなアイテムの配置などに力を入れています。

学校にイラストやデザインを考えるグラフィッカーがいないので、全て自分たちで作らなければいけない危険な状況です。
先が心配です・・・


~前回~
Lead! (12)
 

~今回~
Lead! (2)
 

このページのトップヘ